2020-10

小説

ヘヴン – イジメの描写が生々しい

読んだきっかけ 友人からもらった積読本の消化 ざっくりあらすじ 1991年 中学2年生の「僕」はクラスメイトからイジメを受けていた斜視の「僕」はロンパリと呼ばれ、コンプレックスを持っているある日、机の中に短い手紙が入っ...
小説

美徳のよろめき – 不貞を流麗に描く

読んだきっかけ 友人からもらった積読本の消化。三島文学第4弾。 ざっくり要約 人妻が不倫にハマって別れるまでの1年間を描いた話主人公、節子は躾の厳しい家庭で育った品行方正な女性。28歳夫と一人息子を持つ所作や言動は品が...
小説

金閣寺 – 日本文学の最高峰に挑戦

読んだきっかけ 友人からもらった積読本の消化。三島文学第3弾。 ざっくりあらすじ 金閣寺焼失事件をベースにした青年僧侶の物語生来の吃音である主人公は他者と交流を持たず、心理的な思索を重ねている。同じく僧侶である父に金閣...
ビジネス書

超時間術 – 心を制して時間を制す

読んだきっかけ 時間の上手な使い方はいつでも知りたいと常々思っていて、時間術は興味のあるトピック。以前に紹介した『エッセンシャル思考』なんかも、ある意味で時間の使い方を考える本だったので読んでいて面白かったところ。 また、会社...
健康

脳を鍛えるには運動しかない! – 人は運動するためにできている

読んだきっかけ この本を読むまで僕はまったく運動してきませんでした。 学生時代は文化系一筋。吹奏楽やロックバンドに打ち込み、家に帰れば読書や勉強、楽器の練習、ネットサーフィンといった具合。 身体を動かすタイミングといえば...