スポンサーリンク

武器としてのデータ活用術 – データの前に目的思考

ビジネス書

読んだきっかけ

この本はいつか読んだネット記事で知りました。本業はBtoB向けマーケティング担当として仕事していて、仕事柄「データ活用」とか「データ分析」といった話は興味を惹かれるものがあります。記事を読んでたらいつの間にか購入してました。

買った背景としては意味のあるデータの使い方とか、統計学の知識の使い方を知りたいとか思って。マーケティングの仕事に就く際に統計学をがじったこともあり。統計検定3級を取ったものの、イマイチ仕事で知識を活用できてないなーと感じてたことも読んだ理由。

ざっくり要約

・データ分析は目的化されやすい
・データあくまで数値であり道具である
・データに答えはないし、示唆は得られない
・データを見る前に解決したい課題や、伝えたい目的を明確すること
・「データを活かす」とは、意思決定に繋がるアウトプットを出すこと

感想

結論からいうと、データ分析や活用というより、目的思考を学ぶための本でした。まえがきでも書いてあることですが、高度な分析とか解析手法を期待していると肩透かしを喰らいます笑

データサイエンティストはターゲットではないのかなと。どちらかというと、数値やデータなどの証拠を使って、意思決定をするビジネスパーソンが対象です。

データからは示唆も正解も得られない

データからは何の示唆も正解も得られない。あるのはただの事実」と本中で著者が語っているのですが、この言葉がめちゃくちゃ心に刺さるんですよね。グサりと音が聞こえてくるくらい。

この本で取り上げられている悪いケースのように、僕も「なんとなくデータを見る」ことをしてしまっていて反省・・・次のアクションへ特に繋げられないこともままある。ただ現状把握をしている感じ。

この本を読んでデータとの向き合い方を学べたのかなと。内容は予想と違ったけど、良い意味で裏切られたという感想です。

仮説ドリブン

「目的をちゃんと明確にしてデータを使いましょうね」と言ってる本書ですが、仮説ドリブンの考え方と共通してるなーと感じられて勉強になる。解決したい問題の原因を「こうかもしれない」と仮説を立て、「本当に合ってるかな?」とデータを確認する。

仮説ドリブン繋がりで、安宅和人『イシューからはじめよ』も思い出しました。「本当に解決するべき問題は何か考えて仕事しましょう」という内容のビジネス書です。ビジネス全般に当てはまる話なので、本書と併せて読んだら目的思考の理解が深まるかなと思います。

コメント