スポンサーリンク

不老長寿メソッド – 痛みなくして長寿なし

健康

読んだきっかけ

著者の新刊ということで購入。

いつまでも健康的に生きたいなーと思っているので読んでみた次第。

ざっくり要約

  • 長寿の秘訣は苦痛と回復の繰り返しにあり!
  • 適度な毒は身体の長寿システムをオンにする

感想

著者の過去作『最高の体調』や以前に紹介した『パレオダイエットの教科書』を合体させて、アップデートしたような内容。アンチエイジング本の集大成って感じ。

前者は現代の生活習慣が生み出す「炎症と文明病」がテーマで、後者は「狩猟採集時代の生活を現代に取り入れよう!」がテーマだった。どちらも人の遺伝子と現代文明のミスマッチを啓蒙するのが主旨。

では今回のテーマはというと「苦痛と回復」がテーマだ。

キツいトレーニングで体に負荷をかけたり、免疫システムの刺激になるような栄養を摂取することで、体の強化システムを目覚めさせる。そして休息を取ることで強化システムが高まるそうな。筋トレと仕組みは似てるなーと思った。

『パレオダイエットの教科書』や『最高の体調』を読んだ人、著者のブログを普段から読んでる人は見慣れた内容が多いんじゃないかなーと思う。なにより僕がそう感じた。

過去作から追加された新しいポイントといえば「美肌」、メンタル的な老化を指す「エイジズム」のテクニックあたりだろう。

あと、巻末には効果が出やすいテクニックをまとめたうえで、目的別に紹介してるロードマップもある。手っ取り早く実践してみたい人には心強いところ。

コメント