川上未映子

小説

ヘヴン – イジメの描写が生々しい

読んだきっかけ 友人からもらった積読本の消化 ざっくりあらすじ 1991年 中学2年生の「僕」はクラスメイトからイジメを受けていた斜視の「僕」はロンパリと呼ばれ、コンプレックスを持っているある日、机の中に短い手紙が入っ...